Wikipediaのどんな記事でもページ内リンクを介したつながりを見つけてくれる「Six Degrees of Wikipedia」を使ってみた

「全ての人や物事は関連事項や友人関係を介した6ステップ以内でリンクしている」という仮説が「Six Degrees of Separation(六次の隔たり)」です。この仮説になぞらえて、どんな記事でもページ内リンクで結び付けて可視化してくれるのが「Six Degrees of Wikipedia」です。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL