Webページの読み込み速度やアクセシビリティを自動でチェックしてくれるChrome拡張「Lighthouse」

Googleは2018年7月からモバイル検索のランキング要素としてページの読み込み速度を使用すると発表しています。このように、ページの読み込み速度はだんだんと重要性を増してきていますが、Chromeの拡張機能「Lighthouse」を使えば、自分のサイトの読み込み速度だけでなくPWAへの対応状況やSEO対策状況などを簡単に計測してスコアで表示できます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL