VPNでもWebRTC経由でIPアドレスが漏洩するとセキュリティ専門家が警告、漏洩の危険があるVPNも公開

安全なネットワーク接続のために利用されるVPNサービスですが、WebRTCのもつ脆弱性によってWebRTCが有効なブラウザで利用すればIPアドレスが検出される危険があるとセキュリティ対策企業のVoidSecが報告しています。VoidSecは調査したVPNサービスの23%に漏洩の危険があると警告しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL