Steamの2017年ゲーム売上は前年比22%増しの4600億円、一方でインディーゲームメーカーにとっては楽ではない一年に

本来は非公表であるはずのSteamの売上数や売上高といったデータを独自の手法で収集するサイト「Steam Spy」が2017年のSteamの動向を分析して公開しています。それによると、2017年のゲーム売上高は43億ドル(約4600億円)に達して昨年比で22%も成長し、ユーザー数が飛躍的に増加したとのこと。しかしその一方で、1人あたりが購入するゲームタイトルの数は減少しており、実際にヒットするゲームとそうでないゲームの格差が広がる傾向にあるとみられています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL