Samsungが7nmプロセス製造技術を早くも完成、前倒しの量産でスマホの速度&バッテリー持ちの向上に期待

Samsungが7nmプロセスルールの半導体製造技術の開発を完了させたとソウル経済新聞が報じました。当初、7nmプロセスによる製造は2018年後半の完成が目指されていたものの、半年早く完成。これによって2018年内に新プロセスを採用した高速&低消費電力のスマートフォン向けチップのリリースが濃厚になっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL