NVIDIAの技術カンファレンス「GTC2018」が開幕、8万基超のCUDAコアで構成される小型スパコン「DGX-2」や自動運転カーの仮想シミュレーション技術などを発表

半導体ソリューションメーカー・NVIDIAが開催する技術カンファレンス「GPU Technology Conference 2018」(GTC 2018)が現地時間の2018年3月26日~29日にわたってアメリカ・カリフォルニア州サンノゼ市の「San Jose McEnery Convention Center」で開催されます。自動運転やAI向けの技術が強調された今回のカンファレンスでは、2日目にNVIDIAのジェンスン・フアンCEOが登壇してプレゼンテーションをおこない、8万1920基ものCUDA Coreを搭載して「世界最大のGPU」をうたう小型スーパーコンピュータ「DGX-2」や、自動運転カーを仮想世界で何十億kmも走行させて学習させる仮想シミュレータ「DRIVE Constellation」など数々の注目すべき内容を発表しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL