NVIDIAのハイエンドGPU「Titan V」は計算結果がその度に異なる気分屋すぎて技術者が悲鳴

NVIDIAのハイエンドGPU「Titan V」をシミュレーションに利用するある技術者が、計算の度に計算結果が変わるのでお手上げだと悲鳴を上げています。The Registerは「2+2=4、いや、4.1……やっぱり4.3」ということかと、気まぐれなTitan Vの計算ゆれ現象をからかっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL