NSAが他国のハッカーを追跡するために開発した数々のハッキングツールの存在が明らかに

世界的に大流行したマルウェア「WannaCry」を生みだしたもととなるハッキングツールは、謎のハッカー組織「Shadow Brokers」がアメリカ国家安全保障局(NSA)から盗み出したものといわれています。Shadow BrokersはWannaCryが大流行する前にNSAから盗んだツールをネット上でリークしていますが、この時、多くのセキュリティ研究者が注目したのはゼロデイ攻撃を行えるツールでした。しかし、Shadow BrokersがNSAから盗んだハッキングツールにはゼロデイ攻撃を目的とするもの以外も存在し、他国のハッカーのコンピューターに感染させて監視を可能にするものもありました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL