Linuxカーネルのソースコードを機能とレイヤーで分類して表示してくれる「Linux kernel map」

Linuxのカーネルは膨大な数のソースコードから成り立っており、どこに何の処理が書いてあるのかをぱっと検討つけるのにはかなりコードを読み込む必要があります。「Interactive map of Linux kernel」はそのソースコードを機能とレイヤーで分類して表示してくれるサイトということで、使い勝手を試してみました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL