iOS版「Steam Linkアプリ」のリリースに向けてAppleとValveが協議中

ゲーマーとしてぜひリリースされてほしいところ。

先日ゲーマーを大いに悲しませた、「Steam Link」アプリApp Storeからの登録リジェクト。しかしMacStoriesによれば、Apple(アップル)は現在もiOS版Steam Linkのリリースに向けて協議を重ねているというのです。

そもそもこのSteam Linkアプリとは、パソコンで遊んでいるSteamのゲームをiOSデバイスに転送し、ゲームを楽しむというもの。いわば、ディスプレイミラーリングアプリのSteam版ともいえます。また同アプリは、Google Playでは無事審査を通過し配布が開始されています。

ところがiOS版はというと、5月9日に一度はAppleのレビューチームによって認可されるも、翌日に突然キャンセルされたというのです。Appleはその理由を「ビジネス上の競合」だと説明していました。

そしてAppleのワールドワイド・マーケティング部門上級副社長のフィル・シラー(Phil Schiller)氏が質問者に送ったメールには、「我々はValveのゲームとサービスを愛しており、iOSやAppleTVへの進出を歓迎する。しかし残念なことに、Steam Liveのアプリでは『ユーザー生成コンテンツ、アプリ内購入、コンテンツ・コード』などの規約違反があり、認可できなかった。今後もSteamのエクスペリエンスがiOSとApple TVにやってくるために努力を続ける」と記されていました。

ここで注目したいのはアプリ内購入の項目で、Appleは旧来よりApple Storeを介さないアプリ内購入を厳しく制限しています。そしてSteam Liveではコンテンツの購入が可能だったことが、どうやらリジェクトの主要な原因だったみたいです。

ともあれ、シラー氏のメールによりiOS版Steam Liveのリリースの可能性は十分残っていることが判明しました。Valveが今後どのような対応を取るのかはまだわかりませんが、いちゲーマーとして楽しみに待ちたいですね。

ベッドで本格ゲーミングな夏休みになってしまうかも。


Image: Shutterstock
Source: Gizmodo US, MacStories

(塚本直樹)

Source: gizmo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL