IntelがノートPCのディスプレイ消費電力を削減しバッテリーの駆動時間を大幅に延ばす技術を発表

台湾・台北市で2018年6月5日から開催されているICT・IoTの見本市「COMPUTEX 2018」において、Intelが新しいLCDディスプレイと電源管理を組み合わせた「Low Power Display Technology」という新しい技術を発表しました。Intelによると、この技術を導入することでノートPCのディスプレイの消費電力を半分に減らし、バッテリーの駆動時間を20%以上延ばすことが可能になるとのことです。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL