IBMとNVIDIAが世界最速のスーパーコンピューター「Summit」を構築、中国から世界一の座を奪還へ

アメリカのエネルギー省が現地時間の2018年6月8日、200ペタFLOPSという性能を誇るスーパーコンピューター「Summit」を発表しました。Summitは「毎秒200,000兆回」というとてつもない計算を可能にする性能を備えており、中国勢が優勢なスーパーコンピューターの性能競争で再びアメリカが優位に立つ可能性を示すものとなっています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL