IBMが精神疾患を発生させるリスクを予想するAIを開発中

人工知能(AI)は「患者がいつ死ぬのか」ということを予測するなど医療分野でも大きな可能性を広げることができると考えられています。IBMは近年、精神疾患診断にAIを活用するという研究を進めており、新たな研究結果によると、83%の正確性で精神疾患のリスク予測が行えたとのこと。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL