Google従業員3000人以上が「国防総省への協力をやめるべき」とピチャイCEOに嘆願書を出す

Googleはペンタゴン(米国防総省)にAI技術を提供し、国防技術の向上に貢献しています。これに対してGoogleの約3100人の従業員は、「Googleは軍事技術開発に関わるべきではない」との意思を明らかにして、サンダー・ピチャイCEOに対してペンタゴンのプロジェクトから手を引くよう求める嘆願書を提出しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL