Googleマップが車イスやベビーカーでも通りやすいバリアフリーなナビゲーションに対応

目的地へのルートを示す際に車いすを利用している場合を考慮した結果を表示するモードがGoogleマップに機能されましたIntroducing “wheelchair accessible” routes in transit navigationhttps://www.blog.google/products/maps/introducing-wheelchair-accessible-routes-transit-navigation/この機能は、PC(ブラウザ)版およびアプリ版のGoogleマップですでに利用できるようになっており、主に世界の大都市から順次対応エリアが拡大されていくとのこと。iOS版Googleマップの場合、ルート検索後の際に公共交通機関を選び、「オプション」をタップすると……経路オプションの一番下に「車椅子対応」という項目が追加されていることがわかります。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL