Googleの量子プロセッサ「Bristlecone」は量子超越性を示すことができるのか?

アメリカ時間の2018年3月5日(月)にGoogleが新しい量子プロセッサ「Bristlecone」を発表しました。一般的なコンピューター用のプロセッサでは「0」「1」の状態を1ビットに持つことになりますが、Bristleconeは「0」「1」の情報を同時に持つ「重ね合わせ状態」の量子ビットを72個搭載しています。Googleによると、同プロセッサを使用することで、従来型のコンピューターの限界を超える計算処理が量子コンピューターで可能になることを示す「量子超越性」を実現できるようになるとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL