Googleが視覚障害者の代わりに「目」となって周囲の情報を的確に伝えてくれるアプリ「Lookout」を発表

世界中には視覚障害を患う人がなんと2億5300万人以上もいるそうで、そんな人々がより安全安心に日常生活を送れるようにするため、Googleが周囲の環境を検知して物体の存在を知らせたり、文字を読んだりしてくれるアプリ「Lookout」を発表しました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL