Googleが「検索結果にバイアスがある」としてインドで23億円の罰金を科される

インドの「公正取引委員会」にあたるインド競争委員会が、オンライン検索市場で独占的な支配力を濫用しているとして、Googleに対して13億5860万ルピー(約22億9000万円)の罰金を科しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL