Facebookユーザー300万人の個人属性を分析可能なデータセットが4年間も誰でもアクセスできる状態だったことが判明

Cambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)経由でユーザーデータが大量流出したスキャンダルによって大ダメージを受けているFacebookですが、新たに300万人以上のユーザー属性を詳細に示すデータセットが4年間にわたって誰でも簡単にアクセスできる状態で放置されていたことが判明しました。Facebookはこの件に関して調査を開始していますが、個人情報の利用ポリシーの機能不全について責任を免れそうにはありません。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL