Facebookから流出した情報にはプライベート・メッセージが含まれる可能性が報じられる、ケンブリッジ・アナリティカは否定

当初、Facebookユーザー5000万人分の個人情報がデータ分析会社Cambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)に不正に共有された、と報じられていた一件は、Facebookの発表によって最大8700万人のユーザーに影響する可能性があることが判明しています。Facebookは具体的にどのような情報が共有されていたのかを明示していませんが、ケンブリッジ・アナリティカがプライベート・メッセージにアクセスできた可能性が示唆されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL