EU一般データ保護規則(GDPR)は「広告」健全化につながる希望か

トラッキングに基づいた広告は2000年代後半以降、急速に成長を遂げましたが、2018年5月25日に発効する「EU一般データ保護規則(GDPR)」によって個人データの収集・保持にユーザーの同意が必要となるため、バブルがはじけるのではないかと専門家が予測しています。これにより、ユーザーに嫌われ「広告ブロック」されてきたような広告は減り、元来の意味での「広告」が中心に戻ってくるかもしれません。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL