DDoSなどの攻撃が発生する根本的な原因はIPを偽装する「IPスプーフィング」が可能なことにある

DDoS攻撃とは、大量のマシンからネットワークを介して一斉に攻撃対象のマシンにリクエストを送信することで負荷をかけ、ダウンさせる攻撃です。2000年に起きたMafiaBoy事件を始め、2018年2月にもGitHubが攻撃されるなど、DDoSは長年にわたってネットサービス業界を悩ませている攻撃です。これほどまでにDDoS攻撃への対策が難しい理由には、IPアドレスを偽装する「IPスプーフィング」が行われていることが挙げられます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL