ロボットに「皮膚の感覚」を与えて自己再生&再利用可能な「人工皮膚」が発表される

組織の自己治癒が可能で、圧力や温度などのセンサーを内蔵できる人工皮膚(電子人工皮膚)を開発したことをコロラド大学ボルダー校の研究チームが発表しました。この電子人工皮膚はロボットの表面や人間の皮膚に沿って柔軟に貼り付けることができるので、ロボットアームが物を持った時の圧力を感知できるほか、人間の体が感じるように空気の流れや温度などを感知して送信・記録することが可能です。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL