4億円オーバー&0-100km/h加速で2秒を切る国産モンスターEV「アスパーク OWL(アウル)」を詳細に見てきた

公道を走れる市販車最速となる「0-100km/h(ゼロヒャク)で2秒」を目標に開発されてきた「アスパーク OWL」が、2018年2月11日にゼロヒャク1.921秒を達成しました。IAA2017(フランクフルトモーターショー2017)で出展され、大きな反響を生んだOWLのショーカーについて、栃木県のイケヤフォーミュラ本社に保管された実車を取材しました。350万ユーロ(約4億6000万円)のぶっ飛び超高級ス-パーEVはこんなマシンです。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL