約5万円の中古PCとフリーソフトで映画「ジャスティス・リーグ」ばりのひげ除去に成功

映画ではVFXによる視覚効果を入れることがポピュラーですが、これらの処理を加えるためには、多大なコストを払う必要があります。総制作費約3億ドル(約330億円)の映画「ジャスティス・リーグ」では、VFX処理で「スーパーマン役を演じたヘンリー・カヴィルのひげを除去する」という離れ技を行っていますが、この作業と同等のクオリティの処理をわずか500ドル(約5万4000円)の中古PCとフリーソフトだけを使って実現した猛者が現れました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL