バンジージャンプ時の「いつ飛ぶか」を脳波で検出することに成功

人間が手や指を動かす時、動かそうと思った瞬間よりも0.5秒ほど前に脳は既に電気的信号を発しています。これを証明する脳神経活動が「Bereitschaftspotential」で、日本語では「運動準備電位」と呼ばれています。この運動準備電位は研究室内でのみ確認されてきた現象なのですが、最新の研究では初めて研究室の外で運動準備電位を測定することに成功しています。そして、初の研究室外での運動準備電位測定には、なんとバンジージャンプが使われています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL