2016年リリースのAndroid 7「Nougat」が2018年1月の時点で最も多く使われているAndroid OSだったことが判明

Android端末にまつわるデータを公開するGoogleの「ダッシュボード」のデータによると、2016年のリリースから18カ月が経過したAndroid 7.0/7.1「Nougat」が2018年1月頭の時点で最も多く使われているAndroidのバージョンだったことが判明しました。一方、2017年にリリースされたAndroid 8.0/8.1「Oreo」のシェアはわずかに1%あまりとなっていますダッシュボード | Android Developershttps://developer.android.com/about/dashboards/index.html#PlatformAfter 18 months, Nougat is the most used version of Android in Feb. distribution numbers | 9to5Googlehttps://9to5google.com/2018/02/05/february-18-android-distribution-numbers/2018年2月5日までの7日間に収集されたデータによると、Nougatはバージョン7.0と7.1を合わせて28.5%の使用シェアだったことが判明。これは昨月のデータ「26.3%」から2.2ポイントのアップとなっています。一方、昨月は28.6%で1位だったAndroid 6.0 Mashmallowの数値は28.1%へと減少し、2位へと転落しています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL