「ボブの絵画教室」の声を聞くと脳がトロけるように感じてしまう現象「ASMR」とは?

画家のボブ・ロス氏がわずか30分で風光明媚な風景画を描き上げる「ボブの絵画教室」は、日本でも多くのファンが夢中になった伝説の絵画番組です。ボブの見事なテクニックもさることながら、特に本国アメリカではボブ本人の柔らかな声のトーンもその人気の背景のひとつ。そんなボブの声を聞いた時のように、何かの音で思わずウットリとなって脳がトロけるような感覚に陥る現象は「ASMR」と呼ばれ、脳内の分泌物質が作用していると考えられています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL