Appleは「iPhoneの性能低下問題」以前にバッテリー交換したユーザーへの返金を検討中

2017年12月にベンチマーク結果からAppleが古いiPhoneの性能を意図的に落としていることが明らかになりました。Appleは意図的に性能を低下させていることを認め、最終的に謝罪およびバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表しています。この「iPhoneの性能低下問題」について共和党のジョン・スーン上院議員は調査を進めているのですが、同氏宛てにAppleが送った手紙によると、Appleは問題が明らかになる前にiPhoneのバッテリーを交換したユーザーに対してはその費用を返金することを検討しているようです。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL