ビル・ゲイツ氏も関心と予算を向ける「CO2固定化事業」のために巨大なプラントが建設される

世界有数の資産家となったMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏は、妻のメリンダさんとともに世界最在の慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を創設してさまざまな慈善事業に資金を投じています。いま、ゲイツ氏が関心を寄せている事業の一つに、大気中の二酸化炭素を吸着して固定化し、燃料などを作り出すというものがあり、カナダでは実際に巨大な二酸化炭素固定化プラントが建設されています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL