Microsoftが「支払いが必要であるとユーザーに誤解を与えるソフトウェア」をWindows Defenderの駆除対象にすると発表

Microsoftは2018年3月1日以降、同社製のウイルス対策ソフト「Windows Defender」において悪質なシステム最適化ソフトやレジストリクリーナーを駆除の対象にすると発表しました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL