ディープラーニングを用いてAIに「皮肉」を理解させるという研究

ネガティブな内容をポジティブな言い方で間接的に伝える皮肉(Sarcasm)は、古代ギリシャ語の「sarkasmós(肉を歯でひきちぎる)」というあざけりや侮辱を意味する動作に由来していて、古来から人間が使うレトリックです。言葉通りの意味とは別にある書き手や話し手の本当の気持ちは、文脈や感情を理解できないコンピューターでは読み取ることができないとされてきました。しかし大量のテキストデータをディープラーニングによって分析し、言葉と意味の関係性から文章に埋め込まれた皮肉をコンピューターに見極めさせる研究が行われているとのことです。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL