フランスとスペインが6カ月おきに「島」の領有権を譲渡し合っている理由とは?

県境や国境は非常に厳格に定められており、それが移動することなど戦争でも起こらない限り滅多にないと考えがちです。しかし、日本では長野と静岡の県境で1年に1回、綱引きの結果によって県境を移動させるイベントがあり、ドイツとルクセンブルクの間には両国が共同管理する水域が存在します。そしてフランスとスペインの国境には、なんと6カ月おきに所有する国が変更される島があるといいます。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL