「ぼっち飯」をなくすため高校に「みんなで食事をともにするランチクラブを作る」という逆転の発想とは?

学校での昼食時に周りが集団で食事をしているのに、自分一人だけで食事を取っていると疎外感を感じるものです。しかし、「人と話すのが苦手」など、個人的な事情により友達を作れない人にとっては、毎日のこの時間に大きな苦痛を感じるもの。Great Big Storyが公開している以下のムービーでは、フロリダ州にあるボカラトン・コミュニティ高校に「みんなで食事をするクラブ」を作り、さまざまな事情で、昼休みに孤立している生徒たちに対して、新しいコミュニティを作る取り組みを行っています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL