減り続ける「おもちゃ屋さん」の将来を心配しなくていい理由

日本玩具協会の統計データによると、日本国内の玩具市場の規模は8031億円で、前年比で微増しています。しかし、子どもの頃によく行った町の小さなおもちゃ屋さんがつぶれてしまったというのはよくある話で、アメリカでは2018年1月に180店舗ものトイザらスが閉店することがアナウンスされています。そんなおもちゃ屋の将来について、有名玩具の成り立ちに焦点を当てたドキュメンタリー番組「The Toys That Made Us」のプロデューサーであるブライアン・ヴォルク・ウェイス氏に尋ねたところ、予想外に楽観的な見解を持っていることがわかりました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL