ロータスCEOがスピード違反を犯し「これは社のためのテスト走行」と裁判官に弁明

イギリスの名門自動車会社ロータスのジャン-マルク・ゲールズCEOが、スピード違反で検挙されました。これまでの交通違反によって違反点数がたまっていたゲールズCEOは、最大12カ月の運転免許停止処分を受ける危機に直面しましたが、裁判所に「業務に必要なテストドライブ」だと主張しました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL