世界で初めてCGを導入した映画「トロン」のCGパートはどのようにして作られたのか?

1982年に公開された映画「トロン」は世界で初めて全面的にコンピューターグラフィックス(CG)を導入した映画で、作品でも特に象徴的なシーンが「ライトサイクル」と呼ばれる乗り物で対決するシーンです。「トロン」のCGパートは複数の会社によって作成されましたが、このライトサイクルのシーンなど前半の主要なCGパートはMathematical Applications Group, Inc.(MAGI)という会社によって作られていました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL