チャリダーマンが喉から手が出るほどに待ち望んでいた講演依頼を断ってしまう気持ちの問題

「同情するなら金をくれ、仕事をくれ」と、常日頃思っている人間ですが、だからといって上手く立ち振る舞うことができるかといえば話は別。講演の打診があったというのに、訳あってお断りの連絡を入れてしまいました。私、大成できそうにありません。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL