「宝くじ1000万円分買ってみた」で本当に億万長者になれるのかを検証するムービー

2017年も年末ジャンボ宝くじの当選番号が発表され、全国で複数名の億万長者が誕生しているはず。そんな年末ジャンボ宝くじには、1等7億円が25本、1等の前後賞1億5000万円が50本も用意されているのですが、はたしてこれらをどれくらいの枚数購入すれば実際に1億円超えの宝くじに当選することができるのか?ということを物理エンジンを駆使してさまざまな検証を行っているチャンネル人工知能が計算しています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL