頭の中にあるイメージを脳の活動データから機械学習を用いて画像化することに成功

頭にコードを挿して脳から記憶やイメージをデータとして出力するというシーンをSF小説や映画で見ることがありますが、fMRI(機能的核磁気共鳴)によって視覚化した人間の脳の活動を機械学習で分析することで、脳内にあるイメージを実際に視覚化できるかもしれないと、京都大学の研究者とATR(株式会社国際電気通信基礎技術研究所)の研究者によって提案されています。以下の論文の中では、実際に頭に思い浮かべたイメージを機械学習を用いて画像に出力することに成功したと報告されています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL