夢に出てきそうなハイハイを披露し「悪魔の生みの子」とも表現される銀色の赤ちゃんロボットが作られた理由とは?

アメリカ・インディアナ州にあるパーデュー大学の科学者たちが、世にも恐ろしげな銀色のボディを持った不気味な赤ちゃんロボットを作成しました。科学関連のニュースブログであるIFLScienceは、不気味な赤ちゃんロボットを「悪魔の生みの子」と表現しながら、「科学的な目的を持っている」として研究について語っています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL