VRゲームを用いて銃乱射事件が発生した場合をシミュレーションする計画

2017年のラスベガス・ストリップ銃乱射事件や2016年のフロリダ銃乱射事件など、アメリカでは毎年のように銃乱射事件が発生しています。2012年のサンディフック小学校銃乱射事件では26人もの死者が出ており、学校が銃撃事件の標的となった場合、多くの犠牲者を出してしまう可能性があります。そこで、アメリカでは学校内で銃撃事件が起きた場合を想定し、VRゲームを使った教員向けのトレーニングが計画されています。海外メディアのGizmodoが、VRゲームの特徴について、わかりやすく解説しています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL