Apple端末からの緊急通報の誤発信が急増、10月からで約1600件

カリフォルニア州のサクラメントとエルクグローブの2都市で、Apple端末から緊急通報用電話番号である「911」への発信が増加していることが判明しました。緊急通報の向こう側に人はおらず、いずれも間違い電話なのですが、その数は2017年10月からで1600件にも上っており、本物の緊急通報対応に支障が生じています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL