Appleはすべてのアプリに「iPhone Xディスプレイのサポート」を義務づける

Appleはアプリ開発者に向けて、2018年4月以降にApp Storeでの配信に向けて審査に提出される新しいアプリに関しては、すべてがiPhone Xの5.8インチSuper Retinaディスプレイをサポートしなければいけないと明示しました。つまり、2018年4月以降にApp Storeでアプリを配信するには、iPhone Xの画面上部にある出っ張り部分(ディスプレイの切り欠き)や、縦横比約19.5:9という縦長のディスプレイをサポートしなければいけません。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL