Appleは「マップ」の品質向上のためにドローンの空撮を活用する方針

2018年5月9日にAppleを含む10社に対し、アメリカ国内でFAA(連邦航空局)が定めている規制外区域でのドローンの飛行許可が、アメリカ合衆国運輸省から与えられました。Appleはこの許可をもとに、ドローンを使って市街地の各種データを取得して「マップ」機能の品質向上に役立てる方針を明らかにしています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL