AppleのSiri関連雇用が過去最高に、Siriのアップグレードが目的か

2018年2月9日にアメリカ・イギリス・オーストラリアという一部の地域でのみ発売となったAppleのスマートスピーカー「HomePod」。そんなHomePodの核となるのが音声認識アシスタントの「Siri」で、話しかけるだけで音楽の再生から、ニュースを読み上げてもらったり、交通情報を教えてもらったり、天気を教えてもらったり、タスク管理を行ったり、予定をリマインダー登録してもらったりとさまざまなアクションが行えるようになっています。そんなSiriの機能を拡張するためか、AppleはSiriの開発に関連する職種を多く雇用していることが明らかになっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL