App Storeの総アプリ数は2017年に初めて減少したことが明らかに

「アプリ開発を取り巻く環境は今後どのように変わっていくのか?」ということを調査するため、App StoreとGoogle Playのアプリ数をグラフ化したところ、2017年にはこれまでで初めてApp Storeで提供されているアプリの総数が減少したことがわかりました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL