Altaba(元Yahoo)が過去の個人情報漏洩事故を2年間隠ぺいしていたとして38億円の罰金を科せられる

アメリカのYahooといえば、世界最大のインターネットメディアを扱う企業の1つとして知られていました。しかし、Yahooは2016年9月にインターネット事業部門をベライゾン・コミュニケーションズに売却することで合意。売却が完了した2017年7月に、Yahooは社名をAltabaに変更しました。しかし、Yahooは2014年に不正アクセスの被害を受け、大規模なユーザー情報の漏えい事故を発生させていましたが、その事実を売却が合意するまで、公表しませんでした。アメリカの証券取引委員会は「Yahooがセキュリティ事故の存在を2年間隠ぺいしたこと」を問題視し、当時Yahooを運営していたAltabaに対して巨額の罰金を科しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL