AIを用いてアニメキャラクターの高解像度画像を生成しアニメーションまでつける「PSGAN」をDeNAが発表

DeNAが、人工知能(AI)を用いることで鮮明なアニメキャラクターの画像生成が可能な技術および、作成したキャラクターに動きをつけることが可能な動画生成技術を開発しました。 AIで全身のアニメキャラを無限に作る技術を開発 | 株式会社ディー・エヌ・エー【DeNA】http://dena.com/jp/article/2018/05/11/003622/index.htmlFull-body high-resolution Anime Generation with Progressive Structure-conditional Generative Adversarial Networks | DeNA Co., Ltd.https://dena.com/intl/anime-generation/Generative Adversarial Network(GAN)の進歩により、AIを用いて顔や手など一部のパーツの高解像度画像を生成することが可能となりましたが、既存の方法では産業用アプリケーションにとって重要な「キャラクターの全身」などを生成することはできませんでした。もちろんポーズや顔に基づいて画像を生成可能なGANも提案されているのですがが、それらでは商業用に利用するには画質が不十分であるという問題点があったそうです。こういった制約を解消し、AIを用いてポーズ情報を基にアニメキャラクターの全身の高解像度画像を生成し、さらに動きをつけることまでできるという新しいフレームワーク「PSGAN(Progressive Structure-Conditional Generative Adversarial Networks)」をDeNAが提案しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL