2018年5月16日のヘッドラインニュース

JR東日本が、新幹線の新幹線上野駅~大宮駅間で時速110kmに制限されている最高速度を時速130kmに向上させるために、吸音板設置・防音板かさ上げ工事に着手することを発表しました。工事期間は2018年5月下旬から2年程度の予定で、工事が完了すると、東京都・埼玉県境にある荒川橋梁(埼京線の浮間舟渡駅~戸田公園駅間に相当)から大宮駅手前までの区間で制限速度が最大で時速130kmに引き上げられ、所要時間が1分程度短縮されることになります。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL